新百合ヶ丘 矯正歯科 歯列矯正 歯科治療 小児歯科

矯正歯科(歯列矯正) 歯科治療 小児歯科
予防歯科・定期健診 審美歯科・ホワイトニング
口腔外科・インプラント

TEL:044-543-8841

当院の取り組み

インフォームドコンセント

治療は患者様と歯科医師の二人三脚です。

当院では患者様とのコミュニケーションを大切にし、患者様の歯の状態や治療方針を図や写真を用いながら丁寧にカウンセリングすることからスタートします。
今後の治療に関して、十分なご理解を頂いた上で治療を開始致します。

セカンドオピニオン

当クリニックでは、セカンドオピニオンを承っております。

治療を受けるには、患者様本人とご家族が主治医と良好な信頼関係を築き、診断、治療方針を十分に理解し納得している必要があります。セカンドオピニオンとは、現在の主治医の診断、治療、説明に納得出来なかった場合に、他の医療関係者(歯科医師)の意見、すなわち『第二の意見』を聞き参考にするということです。
セカンドオピニオンを求める場合、現在の主治医にこれまでの経過、病状を書いた紹介状を書いてもらいましょう。また、患者様ご自身でもあらかじめ聞きたい内容をまとめておかれるといいかもしれません。

ただし、次のようなケースはセカンドオピニオンとはいえません。 このような相談でセカンドオピニオンを申し込まれても、お受けすることは出来ません。

■主治医には質問しにくいので、別の歯科医師に聞きたい
■主治医の良し悪しを評価してもらいたい
■以前受けた治療が、適切だったかどうかを知りたい
■治療ミスかどうか知りたい

院内感染予防対策

専用の空気清浄機を設置

当院では医療施設用の空気清浄機を設置しております。院内に浮遊する粉じん、ウイルス、細菌、花粉などを取り除いて、安心して頂ける清潔な環境づくりに取り組んでおります。


医科の基準に準じた高度な滅菌器の導入

小型高圧蒸気滅菌器のヨーロッパ基準クラスB規格をクリアーする高度な滅菌器を導入しております。より高度な滅菌を可能にし、患者さんへの細菌感染の危険性を大幅に低減させるサポートを致します。

滅菌パックの使用

患者様に使用する器具類は治療直前まで滅菌パックの中に入れており、使用直前に開封致しますので非常に衛生的で安心です。

当院ドクターによる研究業績

当院では、昭和大学歯科矯正学教室、口腔病理学教室と連携し、研究活動にも力を入れております。今後の臨床の発展に貢献出来るよう日々努力して参ります。

研究業績一覧(学会発表・学術論文・症例報告・学術雑誌)

(1) 両側性上顎犬歯と第一小臼歯の移転萌出を伴う叢生を改善した1症例
昭和学士会誌, 2015; 75(5); 578-586

(2) 顎骨骨膜に特異的に発現する遺伝子の探索と機能解析
第71回日本矯正歯科学会;(2012年9月26日~28日発表;盛岡)

(3) 下顎頭軟骨の組織特異性の探索と機能解析
第71回日本矯正歯科学会;(2012年9月26日~28日発表;盛岡)

(4)凍結乾燥処理を行った歯を用いた新たな顎骨再生療法の開発・検討
第10回日本再生歯科医学会;(2012年9月1日~9月2日発表;神戸)

(5) 神経堤由来である上下顎骨は中胚葉由来の骨と比べてその治癒形態が異なる
第10回日本再生歯科医学会;(2012年9月1日~9月2日発表;神戸)

(6) 骨補填材として抜去歯を用いた新たな顎骨再生療法について
別冊 the Quintessense 臨床家のための矯正YEAR BOOK'11; P114

(7) 顎骨の骨膜は神経堤細胞由来の性質を持っている可能性がある
第53回歯科基礎医学会;(2011年9月30日~10月2日発表;岐阜)

(8) Extracted teeth have potential as a bone graft material instead of usual materials
96th American Academy of Periodotology Annual Meeting ;
 (2010年10月30日~11月2日発表;アメリカ・ハワイ)

(9) Gene expression profiles from jaw and alveolar bones are uniquely different from profiles of trunk and limb bones
96th American Academy of Periodotology Annual Meeting ;
(2010年10月30日~11月2日発表;アメリカ・ハワイ)
*96th American Academy of Periodotology Annual Meeting Poster competition Finalist選出

(10) 骨格性下顎前突症における、矯正治療単独症例と外科矯正併用症例の比較
Dental Medicine Research, 2010; 30(2); 167-177

(11) 抜去歯を用いた新しい顎骨再生療法に関する基礎研究について
第69回東京矯正歯科学会;(2010年7月15日発表;東京)
*第69回東京矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞受賞

(12) A new method for alveolar bone repair using extracted teeth for the graft material
Journal of Periodontology, 2010; 81(9): 1264-1272

(13) 従来の腸骨移植に代わる新たな骨再生法の開発検討 ~骨補填材としての抜去歯の可能性~
第68回日本矯正歯科学会;(2009年11月16日~18日;福岡)
*第68回日本矯正歯科学会学術大会 優秀発表賞受賞

ページの先頭へ