新百合ヶ丘駅徒歩4分の矯正歯科なんぽ歯科クリニック 新百合ヶ丘

なんぽ歯科だより

2020.07.14
矯正治療中のお食事は?

矯正治療中のお食事について、よくご質問を受けます。何が食べられて、何が食べられないの?摂取制限はあるの?などなど。 今回は矯正治療中のお食事について、一覧にまとめましたので、ぜひご一読ください。

  

装置が外れることがあり 注意が必要なもの

硬い食べ物(おせんべい、リンゴ、トウモロコシ、氷(冷蔵庫でつくる氷)、硬くスジのあるお肉 など)

  

粘着性のあるもの(お餅、ガム、キャラメル、ハイチュー、グミ など)

  

※硬いものはあらかじめ小さくして奥歯で咬むようにしましょう

  

  

装置に引っかかりやすいもの

粘着性のあるもの(お餅、ガム、キャラメル、ハイチュー、グミ など)

葉物野菜(ホウレンソウ、小松菜、ネギ、キャベツの千切り など)

ブロッコリー、トウモロコシ、えのき、お米、硬くスジのある肉

  

 

色が移りやすいもの

コーヒー、紅茶、赤ワイン、カレー、キムチ、麻婆豆腐 など

  

  

ワイヤーを留めているゴムに色がうつる可能性があります。

気になるようでしたら、治療の前日にお召し上がりください。

  

  

装置装着後などお痛みがあるとき硬いものが食べづらいときに食べられるもの

最初の数日間は痛みが続くことがあるため、おかゆ、スープ、玉子料理、乳製品などが比較的食べやすい

<和食>

うどん、そば、玉子焼き、里芋の煮物、肉じゃが、刺身 、 茶碗蒸し、冷奴、揚げ出し豆腐 など

<洋食>

オムレツ、マカロニグラタン、スープ類、ハンバーグ、マッシュポテト、 ロールキャベツ、クリームコロッケ など

<デザート>

ホットケーキ、カステラ、蒸しパン、プリン、ゼリー、ヨーグルト、 アイスクリーム、レアチーズケーキ など

<フルーツ>

桃、バナナ、アボカド など

  

  

調理のポイント

・細かく切りすぎると装置の間に挟まりやすい

・みじん切りよりも一口大で柔らかいものの方が食べやすい

・繊維を断ち切る方向で切ると食べやすく消化にも良い

・肉や魚はそぎ切りにするのも良い

  

食べ方や食べやすいメニューを選べば外食もOKです。

食後は鏡の前で食べカスが残っていないかチェックしましょう!!