医療法人社団 鳳友会なんぽ歯科クリニック 新百合ヶ丘

  • ホーム
  • マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置(インビザライン)とは

「以前から歯並びを治したいと思っていたんだけど、装置が見えるのがイヤだから」

という理由であきらめていた方、もう見た目を気にする必要はありません。
当院では、透明なマウスピースを使用した最新の矯正治療も行っております。 通常の矯正治療だと装置の見た目が気になり、なかなか矯正治療に踏み出せないという方が大勢いらっしゃいます。 マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、透明なマウスピースを使用しますので目立ちません。
また、ご自身で取り外しが可能ですので治療中のストレスが少ないのも特徴です。 ※インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医薬品副作用救済制度の対象外の場合があります。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の特徴

特徴 01透明なので、目立たない
マウスピース自体が透明なため、口元を意識することなく生活が出来ます。従来の矯正治療の「装置が見えるから口を開けるのが恥ずかしい」などのコンプレックスを持たずに、治療に専念することが出来ます。
特徴 02歯の痛みが少ない
コンピューター上で治療終了時までのシミュレーションを行い作製したマウスピースは、2 週間ごとに新しいものに取り替えていきます。 毎回 0.25mm と少しずつ歯を動かしていくため、従来のブラケットとワイヤーを使った矯正治療と比べて痛みが少ないです。
特徴 03お食事の時に外せる
ご自分で簡単に取り外しが出来ますので、お友達と食事をする際、お仕事での会食の際などで食べ物の詰まりを気にする必要はありません。
特徴 04洗浄が可能で衛生面も安心
ブラケットとワイヤーを使用する矯正治療は歯磨きが大変であるというデメリットがありますが、マウスピースは取り外して歯磨きをすることが出来ます。 マウスピース自体の洗浄も可能ですので、お口の中をより清潔に保てます。
特徴 05治療終了後の歯並びを治療前に確認出来る
コンピューター上で 3D シミュレーションを行いますので、治療を開始する前に「治療後の歯並び」の状態を確認することが出来ます。
特徴 06歯の型どりは不要
マウスピース型の矯正は、「インビザラインシステム」以外にも多数あります。 他のマウスピース型矯正装置とインビザラインシステムの違いは、上下全体の歯型どりが必要無いということです。 当院ではインビザライン用の口腔内スキャナーの導入により、歯型取りを行うことなくマウスピース型矯正装置の作製が可能です。 お口が大きく開けられない方や、嘔吐反射が強い方の場合、ご負担の軽減につながります。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)のメリット・デメリット

メリット

  • 透明で目立たない
  • 装置の違和感があまりない
  • 痛みが少ない
  • 矯正治療中もお食事がしやすい
  • 歯磨きがしやすい
  • 治療後の予測が出来る

デメリット

  • 患者さん本人が管理する必要がある(紛失すると治療が滞る)
  • 1日20時間以上の使用が必須
  • 従来の矯正治療に比べて費用が高い
  • 補助装置が必要な場合がある *
  • 重度のデコボコや受け口など、症状によって適応が出来ない場合がある

* 補助装置が必要な場合について
抜歯をして治療を行う場合は、マウスピース治療に先だって 6 ヶ月〜10 ヵ月程度の間、通常のブラケットとワイヤーの矯正装置を部分的に使用することがあります。 その場合は、歯と同じ色の目立たない装置や裏側の装置を使用して治療を行います。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)に適している方

  • 接客業、営業職など人前に出る職業の方
  • 見た目が気になって、今まで治療が出来なかったという方
  • 金属アレルギーの方
  • ご自身でマウスピースの使用・管理がしっかり出来る方

矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について

  1. 治療中は、矯正装置による不快感や痛みがあります。数日~1週間ほどで慣れることが多いです。
  2. 歯の動きには個人差があります。そのため、予定している治療期間が延びる可能性があります。
  3. 装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院、歯磨きなど、矯正治療には患者様のご協力が非常に重要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。
  4. 治療中は、装置が付いているためプラークが溜まりやすくなります。虫歯や歯周病のリスクが高まりますので、磨き方、磨く時間、使用する歯ブラシの種類、洗口液の使用などが重要です。また、歯が動くと今まで見えなかった虫歯が見えるようになることもあります。
  5. 歯を動かすことにより歯根の形が変化したり、短くなることがあります(歯根吸収)。また、歯茎が痩せて下がることがあります(ブラックトライアングル)。
  6. ぶつけたことがある歯や神経を取る治療を受けたことがある歯は、骨と癒着して歯が動かないことがあります(アンキローシス)。
  7. ごく稀に歯を動かすことで神経が障害を受けて壊死することがあります。
  8. 治療途中に口内炎や金属アレルギーなどの症状が出ることがあります。
  9. 治療中に「顎関節の音が鳴る、顎が痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
  10. 治療の進捗状況により、当初予定した治療計画を変更する場合があります。
  11. 治療中に、歯の形を修正したり、噛み合わせの調整を行う場合があります。
  12. 矯正装置が外れた場合に、装置を誤飲する可能性があります。
  13. 装置を外す際に、歯の表面(エナメル質)に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する場合があります。
  14. ワイヤー装置が外れた後、保定装置を指示通り使用しないと後戻りが生じます。
  15. ワイヤー装置が外れた後、現在の噛み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)や虫歯の治療(修復物)などをやり直す可能性があります。
  16. 顎の成長発育により、歯並びや噛み合わせに変化が生じる可能性があります。
  17. 治療終了後に親知らずが生えてきて、前歯などにデコボコが生じる可能性があります。また、加齢や歯周病の進行などにより歯を支えている骨が痩せると、歯並びや噛み合わせが変化することがあります。その場合、再治療が必要になることがあります。
  18. 矯正治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。